2017年03月14日

晴耕雨読。

寒いうえに一日じゅう雨という、
仙台では珍しい天気の本日。
そう、仙台は夜のうちに降って、
朝に晴れることが多いのです。
こういう天気の日は家でおとなしくしているにかぎります。
晴耕雨読、ざんすね。

さて。

きのうは調子が悪く、創作ができませんでしたので、
本日からまたしっかりやっていこうとおもいます。

取り組める題材があるということは幸せですねえ。
よくよくかんがえてみれば、
半年前までは、題材すらみつからず、
どうしたらいいか、もやもやしっぱなしでしたから。
これをやればいい、と決まっていると、
そこに向けて集中できるし、
迷った時も、またおなじところにもどってこられます。

サイトにもお客さんが増えてきているようで、
とりあえず一安心です。
これから作品数が増えていけば、
リピーターも増えてくれることでしょう。
なるべく休まず、どんどん書いきたいところ。

創作については、まあ、いいとして。
読書がなかなか進みませんねえ;
紙の本だけではなく、電子書籍が大量にありまして、
これだけで70冊。
気軽に読めるものが少ないのですわ。

12月に300冊読むぞう、とおもったときは、
だいぶ気軽にやっていましたが、
いまあらためて、目標300冊って、けっこうな数字だな、
とおもうようになりました。
身の丈に合ってない本を読もうとしすぎているのか、
それとも、単に読むのが遅すぎるのか?
両方かもしれないし。

でもまあ、ぼやいていても始まりません、
どんどん先へ先へページをめくっていくほか、
目標へ向かっていくことはできませんよね。
なんとかがんばって読んでいきます。

雨は家にいる分には落ち着きますね。
今日は何事にもゆっくり取り組めそうです。
さー、これから創作と読書、がっつりやるぞう!

ではでは、またお会いしましょう!
posted by はさみの at 10:08| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

旧サイトの作品、全部うつす??

さーて、また悩んでおりますよー。
いま、gooブログ「はさみの世界・出張版」では、
朝・昼・晩と一日三回にわたり、
旧サイトの作品が掲載されています。
ただいま、「空が高すぎる」という長編を掲載中。
徐庶と孔明の青春の一コマを切り取ったおはなしなんです。

これに「花安英」が出てきます。
旧サイトの常連様ならおなじみのこのキャラ、
長編「孤月的陣」にも登場する人物なのですが。
さて、では、つぎのアップは「孤月的陣」にするか否か?

……悩みますねえ、
なにせ、電子書籍の第二弾にしようと構想していたこの作品。
いろいろ設定や文章を代えてお届けしようとおもっていたんです。
が、いま読んでも、昔のほうがずっといい。
それに、けっこう怖い話なんですが、面白さはあるんですよねえ;

一時期、「はさみの世界・出張版」に掲載されていた作品でもあります。
再掲載するのはどうかともおもってしまう。
でも、旧サイトのデータをほぼ移動したほうが、
お客さんも喜んでくれるかなあ、という迷いもあります。

正直、めちゃくちゃ迷っていて、いい判断が付きません。
もし、しばらく再掲のリクエストがないようだったら、
「孤月的陣」と、それから「寒蝉の恋」ですね、
こちらは再度掲載しない、かなあ。
なんでかというと、形をかえて
新シリーズでエピソードを展開する予定がありまして。
形をかえるなら、いいじゃん、古い方をみせておくれよ、
という声もありましょうし、うーむ、やっぱり迷います。

ちなみに、藍の儀礼シリーズは再掲載の予定はまったくありません。
なので、そこはご了承くださいませね。
お? 「風の終わる場所」はどうしたもんか。
あらー、けっこういろいろ悩みがでてくるなあ。

というわけで、大変お手数ですが、「孤月的陣」や「寒蝉の恋」、
もし「もう一度見たい」「ブログに残してくれ」というリクエスト、ありましたら、
新サイトにありますWEB拍手を叩いていただけるとうれしいです。
随時受け付けております。

ではでは、本日はこのあたりで。
またお会いしましょう!

posted by はさみの at 20:19| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昼寝の効用。

さすがに13時ごろから猛烈に眠くなり、
そのままぐっすり15時まで寝ていました;
え。
優雅だな、おい、って?
いえいえ、貧血起こして寝込んでいるわけですから、
いいもんじゃありませんよー。

しかし面白い夢も見まして、
創作のヒントを得ることができました。
第二話、悪ーいヤツが出てくるのですが、
そいつの設定がありきたりで、なんか面白みがない。
どうしたものかしらとずっとかんがえていたら、
理想のかたちが夢に出てきたのです。
これだ! と、ぴぴっと来ました。

昼寝はしてみるもんですねえ。
明日から、またしっかり創作ができるとおもうのですが、
この悪者の設定もばっちり作っていこうとおもいます。

でもって、第二話はいままで書いたことのない部分を書く予定です。
資料を読み込んでいるところですが、
ややこしい時代ですねえ、次から次へと、
あれ、そうだったんだ、あ、これ知らなかった、が出てきます。
正史三国志だけを読んでいると、どうしてもカバーできないので、
信頼できる副読本を頼っています。

正史三国志も、ときどき(?_?)な部分が出てきます。
わたしの知識がまだまだ理解に届かないということですねー。
なんでこの人はそんな行動をとったのに称賛されているんだろう?
ということがたまにある。

後漢末から三国時代だけに目を向けるのではなく、
それ以前の時代の知識や考え方も頭に入れないと、
細かいニュアンスがわからないみたいです。
当時の儒教の捉え方なんかも、いまと全然違うようですし、
詩経にしたって、いまのような自然な解釈はしていなかったわけで…
難解ですねえ、でも、推理ゲームのようで面白い部分もあります。

とはいえ、以前よりだいぶわかる部分が増えてきたのも事実。
マイナスから出発したわりには、まずまずです。
これからもどんどん勉強していって、
わかる部分を増やしていきたいところです。
それでも、副読本は手放せないだろうなあ。

では、いったんここで〆ます。
またお会いしましょう!
posted by はさみの at 16:21| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする