2016年02月23日

再開およびお詫び。その3

というわけで、五つのブログ開設計画。
計画はそのままにして、
開設日は延期と決めました。

くりかえしになりますが、
あれほど選挙カーのように4月1日、と言ってたのに、
実行できなくてごめんなさい!
恥ずかしいです、ほんとうに。

そして、この「シューマム川のほとりにて」も、
明日から、不定期でアップすることになりました。
というのも、これまた指摘があったのですが、
どうもブログ主は自分で自分の首を絞める癖があるようで。
どんどん「やります」「できます」「がんばります」と書いてしまい、
背水の陣になっていることがたびたびなようなのです。

自分では大丈夫だと信じているところが問題点。
いいかげん、「昔の自分」とやらとは決別しなさい、
と家族からはっきり言われました。
書いているあいだは気分が高揚するので、
ついついビッグマウス的なことを書いてしまうのも問題なようです…

もちろん、書くことでけじめをつけて、
きっちり計画通りに出来る人も多いかとおもいます。
しかし、ブログ主はその逆なようです。
イマイチ自覚が足りないところなのですが…
書くことで自分を追いつめてしまうまえに、
書くことを減らすことで、負担も減らそう、というのが家族の提案です。

さて、まとめますと。
○ ブログ「シューマム川のほとりにて」は不定期でアップします
○ 三国志関連の小説は時系列で発表していきます
○ オリジナル小説用新ブログは、原稿が完成次第、開設します
○ 三国志用豆知識ブログはなるべく早いうちに開設します
○ レビューブログは、豆知識ブログとほぼ同時に開設します
という感じになります。

体調のこともあれやこれやあるのです。
しかし、そこを詳しく書いても、
みなさんうんざりされるだけだろうと判断。
割愛しました。
いままでと同じことをやれば、また同じことにしかならない、
当然のことですが、そのあたりはお医者さんにも家族にも言われました。

で。
三国志関連の時系列順での小説がいつできあがるのか??
まったくめどが立っていません。
申し訳ないです。
正直なところ、どこから手を付けたらよいのか、
迷いに迷っています。
リメイクか、それとも、リメイクに限りなく近い新作か、
はたまた、完全新作にするか…
といいますか、熱をもって書けるのか、というところも、
大きな問題であります。

豆知識用ブログや、レビューブログについては、
明確に決めていない部分が多々あります。
なので、いろいろ決めてから、またご報告させていただきます。

さいごに。
サイトのWEB拍手を押してくださったみなさま、
パブーの同人誌をご購入くださったお客さま、
ほんとうにどうもありがとうございました!
迷いや惑いがあるなかで、どれだけ励みになったことでしょう。
まだ変わっていくこともあるかとおもいますが、
なるべく早く、みなさんに楽しんでいただけるものをお届けできるようにします。
今後とも応援していただけたら幸いです。

つづく…

posted by はさみの at 12:00| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

再開およびお詫び。その2

いま書いている原稿は完成させる予定です。
体調がゆるすかぎり、書いていきます。
オリジナルの小説に関しては、
おそらくですが、さいごまで書き上げられるとおもっています。
完成次第、お披露目させていただきます。

三国志関連の小説に関しては、大きな変更があります。

いま作っているお話は、シリーズの途中のエピソードです。
それを新ブログの第一弾に持ってくる予定でした。
それをシューマムたち(ブログ主の家族)に話したところ。
「わけわかんない、時系列で発表したほうがいいに決まっているよ。
というか、なんで時系列で書かないわけ?
話の途中から読ませられるほうは、
盛大なネタバレを披露されているのと同じじゃん!」
と痛烈な反応がありました。

さらに。
「このあいだ、短い話を書きためる、とかいっていて、
創作ノウハウ本まで買っていたよね、あれって無駄な出費だったってこと?」
はい、そうです。
あ、でもノウハウはとても参考になりました!
「というか、学んでないよね。
長編を書ける力が戻っている、というのが、
いまの書いている話で証明されたんでしょう?
スキルとか知識とかが不足しているにしても、
昔はもっと低レベルなところでも長編をかけていたわけじゃん。
スキルとか知識がないというのは言い訳だよ。
時系列で取り組むことになるっていう長編? それ書けば?」

身内だけに容赦のないことば。
またさらに。
「体調が悪いってのはしょうがないよ、治んない病気なんだし、
そこは嘆いていても仕方ないんじゃない?
もう、いま出来ることを精一杯やるしかないよね、
だってブログで書きます、発表しますって公言したんでしょ?
お医者さんが締め切りやめろ、って言ったんなら、一応そのとおりにして、
その代わり、発表するときは見に来てくれる人がいちばん見やすいように、
シリーズとやらを時系列で発表していくべきだよ」

……ですね。
またまたさらに。
「しかし冷静になって考えてみりゃ、おかしな話だとおもわない?
シリーズの途中のエピソードをぽつんと出すのはいいんだけどさ。
そのエピソード以前の話を発表するときはどうするつもりだったの?
だって、あんた常々物語は生もの! とか言ってたじゃん。
そのエピソード以前の話を改変したくなった場合、
整合性がとるのがむずかしくなるってわけでしょ?
もうそうなったら、自分で自分の首を絞めているようなものじゃん。
そこに気づかなかった? ばかだね〜」
と、呆れられました。
おっしゃるとおりで、ぐぅのねも出ません。

そして、最後のとどめ。
「なんだかんだと趣味の域なんだからさ、
無理せずに、体調を見ながら書くんだよ。
無理したってなんにもならないじゃん。
それとさ、おもうんだけど、創作って熱じゃん?
熱があれば、知識だ、スキルだがなくてもけっこうなんとかなるし、
けっこう評価もついてくるもんじゃん?
いまのあんた、熱が足りないんじゃないの?
ほんとうに心からほれ込んでいる話を書いてるの?
ブログで繰り返し書いているようだけれど、昔にこだわりすぎてない?
熱さえあれば、多少の体調不良なんてなんとかなるもんだけど」

うへぇ、容赦なさすぎ!
言われた直後は、そんなことないよ! と反論していました。
しかし、よくよく考えるに、熱……うーーん、たしかになあ…
あ、でも最後に根性論みたいになっているのはいただけません…

シューマムたちに言われたあと、
じっくり考えたのです。
しかし考えれば考えるほど、
大局にのっとった計画を立てないで動いていた自分に気づきました。

いえ、計画の一環で勉強しているのはとてもいいことなんです。
勉強はずっとつづけます。
問題は、時系列で発表するかどうか、というところです。
デメリットだらけなのは、シューマムの言う通りなのですよ…
なんでそこに気づかず書くことだけを優先させていたか、自分。

というわけで三国志関連の小説は、
時系列で発表する方向で心を動かしています。
いま作っている原稿は、もしかしたら無駄になるかもしれないのですが、
最後まで書き通して、将来、出来上がるシリーズの一つに入れようとおもっています。

つづく…


posted by はさみの at 12:00| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

再開およびお詫び。その1

ご心配をおかけしております。
とつぜん休んですみません。

なにからお話すればよいですかねえ。

一週間近くにわたる風邪と、
ほぼ二週間続いた過密スケジュール。
わたしなんぞより家族のほうがよっぽど大変だったはずなのです。
なのにダウンしたのはわたし一人でした。
どれだけやわなんだろうと自分で呆れてしまいます。

病院へ行ったり、家族会議をしてもらったり、
自分でけんめいに考えたりして、
どうしたら身体の具合をよくして、
なおかつ、やりたいことを進められるか探っていました。

え。
体調はいまはどうなのか?
まずまず、といったところです。
ふつうに外出できるくらいまでは回復しました。
ほんとうにご心配をおかけしました、ごめんなさい。

で、結論からずばり書きますね。
いろいろ考えたり、アドバイスを受けた結果。
○ 4月1日までという締め切りをやめます
○ 三国志関連の小説は、時系列で発表することを目標に作ります
○ シューマム川のほとりにて(このブログ)の毎日の更新はやめます
○ 深夜や早朝に原稿を制作するのはやめます
なかなかコントロールがむずかしい体調をかんがみて、
以上のことを決めました。

えっ、もしかして?
と思われた方が多数かとおもいます。
くわしく説明しますと。

五つのブログを4月1日より開設する予定でした。
この目標のうち、4月1日という締め切りを明確にするのをやめました。

五つのブログは、三国志関連の小説、オリジナルの小説、
三国志の豆知識用、レビュー、近況、の五つを予定していました。
このうち、レビューと近況以外は原稿が四十日分くらいあります。

じゃあ、それを順番にアップしていけば?
というところです。
豆知識用ブログはともかくとして、
いまの体調をうまくいなしながら、小説を完成させることができるか、
いまの時点で非常に不明瞭になってしまっています。
見通しが甘かったのと、実力不足が原因です。
あれほど4月1日とくりかえしていたのに、
待っていてくださった方には、
ほんとうに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

完成させないままで、どんどん途中の原稿をアップする、
という方法もあるかとおもいます。
しかし、それをやってうまくいくか、賭けとしては分が悪すぎる。
プロットは出来上がっているので、それに沿って書いていけばいい、
という単純なものでもないのです。
物語は生ものなので、書いていくうちにプロットが変わることもあります。
先を見通せない状態でアップするのはこわい…。

あ、原稿を完成させられそうにないので、
くよくよ気に病んで体調が悪くなり、こんな結論を出した、
というのではないのです。
いろいろ複合的に重なって、
体調が落ち、書くことがなかなか難しくなったのです。
情けないやら悔しいやら。(というか、自分が腹立たしい)
ほんとうにすみません。

とはいえ、原稿を作るのを投げたとか、
あきらめた、というのではありません。
原稿を完成させるまで、
新ブログを開設するのは延期するという形です。
無期延期というわけではありません。
なるべく早いうちに開設できるよう、努力していきます。

あ、おもったより長くなりそうだなあ。
つづきは、また明日…
posted by はさみの at 12:00| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする